就職にあわせた保険見直し

就職にあわせた保険見直しをしよう

月別: 2017年1月

健康でいられる確証?

「自分は健康である」という言葉ほど、信用のない言葉はありません。私達は、確かに自分達の体の状態を誰よりも分かっています。しかし、本当の意味で自分の体のことを分かってはいません。ただ私達が分かっているのは、『今調子が良いか、悪いか』、位のことです。私達は体の内臓の状態から骨や脳の状態から、それらすべてを数値化して理解しているわけではありません。

自分の体のことなのに、私達は対して深いことを知らないのです。これは、誰もが気付かない矛盾、と言えるかもしれません。ですから自分は、『今健康であるから』、将来も健康である、という確信を持つことは間違っています。今健康な生活をしているから、将来も健康である、という保証はありません。どれだけ健康的な食事をしていても、何らかの原因で、食生活以外の原因で病気になることもあるのです。

私達は自分たちの寿命を知りません。いつまで健康で、いつまで働けるのか、という点を今から予知することはできません。分からないからこそ、今からできるだけの準備を行っておき、健康であることを過信しないで健康面以外の『努力できる点』、『積み重ねていける点』を考えていくことが重要でしょう。

それは、ベストな保険?

そのような多種類がある保険、既に入っている人が多いとしても、なぜ加入してからさらに自分の保険を見直す必要性に駆られるのでしょうか。いいえ、なぜその必要があるのでしょうか。それは最初のページで挙げたように、それが「自分にとって」ベストな保険ではないかもしれないからです。

保険によって、支払う保険料が異なっていますが、それはいわゆる『保障内容』に比例していることが多く、保障が充実していればするほど、支払わなければいけない保険料も基本的には高額になります。確かに、より保障が充実していて、様々な状況に対応できるような保険は魅力的かもしれません。しかし、それによって自分の考えている以上の支払いを行っているなら、どうでしょうか。少しお金を無駄にしているような気がする、と考えられるかもしれません。

そのように将来に向けて備えるのはとても良いことですが、保険によっては、本来は私達が必要としないようなことまで、可能性の低いことまで保障をカバーしている場合があります。先進医療など、備えがあれば助かりますが保障内容をもっと自分に合ったものとするなら、保険料そのものをもう少し抑えられて、自分にとってもっと良い保険が見つかるかもしれません。

ですが現在、実に様々な保障内容を備えた保険が存在しています。その中から現在の自分に一番合っている保険を見つけだすのは非常に困難です。ですから、専門の知識のある人に一度足を運んでみると良いでしょう。また、生命保険の見直しについて無料相談の受付をしているところもあるので、参考程度に聞いてみる感覚でも構わないと思います。保険のプロの意見を参考に、最適な保険を見つけましょう。

保険の種類ごとの特徴

さて、そもそも保険にはどのような種類があるのでしょうか。私達が知っている代表的な保険と言えば、やはり『生命保険』かもしれませんが、その生命保険も、いくつかの種類にカテゴライズすることができます。

まず一つ目が、『死亡保険』です。これは、被保険者が死亡した際に、保険金が下りるタイプの保険です。
死亡保険は、一生涯保障の保険とそうでないタイプがあり、「終身保険」と呼ばれるタイプは基本的に保険の満了がありません。終身保険でない場合は、中途解約をすると解約金が受け取れる場合があります。

次が、『医療保険』です。多くの方が加入している保険です。入院や手術、その他の医療行為にかかる費用を保障してくれるタイプの保険です。いつ病気に掛かるか私達は予想することができませんから、もし今現在健康だとしても、この保険に加入しておくことは、大きな意味があります。給付内容は、その保険によって異なります。

特定の病気に対して備えられるのは、『がん保険』があります。がん保険は一時金が貰える保険が多く、その他にいわゆる治療費や手術費用が給付される形となります。一般的に生命保険と呼ばれる保険にはこのような保険があり、このほかにも学資保険などがあります。

命と保険を見直す、保険見直し

命、それは何にも変えられないものです。私達は潜在的にそれを理解しているからこそ、自分たちができる最善のことを行って、健康を促進する行動を取ろうとしています。そうすることによって、より長生きしようと、あくまで意識しなくても、行っているかと思います。もちろんそれは良いことですし、健康を促進することに直接的に繋がります。

しかし、私達はそれだけでは生きていけないことを知っています。私達は、自分たちがどれだけ健康というものに注意を払っていても、「不測の事態」が起こるということを知っています。だからこそ、より私達が求めている以上のものを用意しておく、未来のために、自分たちの健康が確実なものではないからこそ、より良い手段を用意しておくということは、決して無駄にはならないことです。皆さんは、その方法が、どのような方法である、と考えておられるでしょうか。ある人は、貯金と言われるかもしれません。

そういった中で今回取り上げるのは、『保険』という者に関することです。今や多くの方が生命保険などの保険に加入しておられますが、その内容に満足していないという方は少なくありません。また、本当に自分が加入した保険が、自分にとって一番良い保険なのか、自分の支払う保険料が、本当に将来のためになっているのか、という疑問を持っておられる方もおられるでしょう。そういった方のために、今回は、『保険見直し』の必要性について考えていただきたいと思います。